Googleが医療や健康に対する”検索アルゴリズム”を変えたのは良いの?悪いの?

スポンサーリンク

バッグのことだけ考えてしまう四条せつなです。

昨年12月にGoogleが、”医療と健康”の項目について大幅に検索アルゴリズムを変更しました。これは、ブログ運営している人にとって、知って置かなければならない内容です。知らずに運営していると、「アクセス減」になっているかも知れませんからね(汗)

四条ねこ
ええー!?それは大変!
てか、どーして“医療と健康の検索アルゴリズム”が変わったの?
自分のブログに問題あったら、どうすればいいのー?

本記事では、このアルゴリズムの変更での影響と、ブログ運営での影響、そしてこのアルゴリズムの変更についての問題点を書いていきますっ!

Googleが医療と健康ジャンルでアルゴリズムを変更

Googleが医療と健康ジャンルでアルゴリズムを変更

2017年12月にGoogleが、医療と健康のジャンルにおいて、検索アルゴリズムを変更したことを発表しました。

以下、Google公式の発表です。

医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。

本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。

出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ

つまりは、医療と健康ジャンルにおいて…

  • 一般人の検索結果の順位を下げる。
  • 専門家の検索結果の順位を上げる。

ということだよっ!

これについての意見や思うことは、あとで書きます。その前に、どうしてそうなったのかに背景を説明しておきますね。

Googleが”Welq問題”とキュレーションへの対処を始めた

Googleが"Welq問題"とキュレーションへの対処を始めた

Googleが検索アルゴリズムを変更することは、特に珍しくはないんです。ですが、「医療」・「健康」というカテゴリーに限定して、検索アルゴリズムを変更したのには訳があります。それが、DeNAの”Welq問題”です。

記憶にも新しい”Welq問題”ですが、もう一度簡単におさらいしますね。

  1. 著作権問題(無断転載)
  2. 真実と異なる記事の記載 ←今回はコレ!

以上の2つの問題が、今後のキュレーションメディアを運営していく上で、明るみになったわけですね。

四条ねこ
ちなみに、無断転載についてはGoogleも対処を始めているよ!今回のアルゴリズム変更で、ダイレクトに影響受けるのは2の「真実と異なる記事の記載」だよー!

キュレーションメディアの著作権問題

キュレーションメディアの著作権問題

何だかDeNAだけが悪者になっているけど、「キュレーションメディア」は現在数多存在しています。ですが、多くの企業で今後の課題となってくるのが、「著作権」と「記事の無断転載」です。

私も仕事柄、多くの企業とお相手しているのですが、「キュレーションメディア」の記事制作を、クラウドソーシング等で”外注”しているところが大半です。しかも、記事のチェックも甘々なところが多いです。

要は、企業からすれば「アクセス」さえ稼げればイイという、物量作戦なんです。だから、労力が掛からないし単価の”安い”ライターさんに外注するのです。その結果、著作権違反や、無断転載が起きてしまったわけです。

真実と異なる記事を書いてしまった企業の罪は大きい

真実と異なる記事を書いてしまった企業の罪は大きい

キュレーションメディアの著作権違反も問題ですが、“誤った情報”を世間に伝えてしまったDeNAは、もっと罪が重いです。

四条ねこ
もちろん、人間だから間違えることはありますし、私のブログだって100%正しい情報を流せていないかもです。

ですが、”大手企業”が人の生命に関わる“医療や健康”について、誤った情報を世間に広めたのが、最悪でした。これは、本当にクリティカルな問題ですし、今後のメディア運営の問題を浮き彫りにして事件だと思います。

Googleは”コンテンツ価値”があるものを評価する

Googleは"コンテンツ価値"があるものを評価する

Googleの検索アルゴリズムは日々進化しています。ですが、その中で一貫性を持ってアルゴリズムの開発をされています。

それが、“コンテンツ価値”があるものを検索上位にする。
ということです!

この”Welq問題”は、コンテンツ価値を再評価し直すきっかけになったのです。今回のアルゴリズム変更で、より正しい記事を検索上位(医療と健康のジャンルにおいて)に、持ってくることになったわけです。

アルゴリズムの変更はブログ運営で大問題になる!

アルゴリズムの変更はブログ運営で大問題になる!

このGoogleアルゴリズム変更は、我々一般人ブロガーとって大打撃なんです!

先程も書いたように…

  • 一般人の検索結果の順位を下げる。
  • 専門家の検索結果の順位を上げる。

が、今回の“医療と健康ジャンル”についての変更点です。

つまりは、一般人が肌で感じた医療のことや、一般人だからこそ書けること自身の病気の体験談…これらは必然的に検索下位になってしまうわけです。

現状は医療ブログはやらないほうが良い

現状は医療ブログはやらないほうが良い

Googleがこのように解釈してしまったのは仕方がありません。なので、当面は一般人の医療ブログでアクセス減があると思います。

これは、Googleが再度アルゴリズムもチューニングしてくれない限り、変わらないと思います。

私は病院や製薬会社が全て正しい情報を流すとは思わないけど…

私は病院や製薬会社が全て正しい情報を流すとは思わないけど…

Googleの公式フォーラムでも書いてあったことが、私も全く同じことを思っていました。

それが…

病院や製薬会社が正しい情報を、きちんと我々に伝える確証はない。

ということです!

医療の専門家である、「病院」や「製薬会社」が正しい情報を持っている確率や公開してくれる確率は、確かに我々一般人よりも高いと思います。

しかし、組織である以上、忖度やポジショントークもあると思います。

正直なところ、“専門家だから正確な記事を公開してくれる”という考えは、Googleにしては考えが甘いような気がしてしまいます。これは、もう少しアルゴリズムを考え直さなければいけない気がしますね。

患者や当人の生の声も大切なんだよ!

患者や当人の生の声も大切なんだよ!

私もクローン病という難病患者だから言えることなんだけど、病気って”本人しかわからない”こともあるんです!しかも、いっぱいあるんです!

同じ病気でも、人によって捉え方や感じ方は千差万別。だからこそ、“生の声”は大切だと思います。もちろん、ミスリードすることもあると思うけど、1つの意見として同じ病気を持つ人からしたら、欲しい情報は色々あると思うんですけどね…

四条ねこ
Googleのアルゴリズムの進化に期待するか、再度検討して欲しいですねっ

せつなのまとめ

2017年12月のGoogleの検索アルゴリズムの変更で、“医療と健康”のジャンルが大きく動きました。これにより、より専門性の高い人の意見が評価されるようになりました。これには、良い面も悪い面もあるように感じました。特に、人の生命に関わるジャンルなだけに、Googleには慎重にかつ早急に対処して欲しいですね。

四条ねこ

つまりは…

  • Googleの検索アルゴリズムが変わった!
  • 変わったのは「医療」ジャンル!
  • 専門性の高い人が優位に!
  • 一般人は不利に!

って、ことだね!

ということで、“Googleが医療や健康に対する”検索アルゴリズム”を変えたのは良いの?悪いの?”でした!でわでわっ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です