Google Search Console設定方法 –WordPress対応版–

Google Search Console設定方法 –WordPress対応版–
スポンサーリンク

Web人必須のGoogleサービス。

Web初心者さんで、WordPressでサイトやブログ運営をしている人向けに、Google Search Consoleの設定方法をステップバイステップ方式で解説します。

はじめに

本記事の趣旨と目的
  • Google Search Consoleとは何かを知る。
  • Google Search ConsoleにWebサイトを登録する。
  • 『Fetch as Google』と『サイトマップ』も使う。

この記事はWeb初心者さん向けに書いているので、まずは『Google Search Console』についてを解説します。どんなものかを知ってもらった上で、Google Search Consoleに自サイトを登録していきます。

『Google Search Console』とは?

『Google Search Console』とは、サイトのアクセス解析と健康状態が分かるGoogleのサービス。

『Google Search Console』とは、サイトのアクセス解析と健康状態が分かるGoogleのサービス。

簡潔にGoogle Search Consoleとは何かをまとめると、
サイトのアクセス解析と健康状態が分かるGoogleのサービス
といった感じです。

このGoogle Search Consoleでは、

  • どんな検索ワードでサイトに訪問しているか
  • サイトにエラーがないかどうか
  • モバイルフレンドリーの確認
  • セキュリティーに問題がないか

などが分かります。

Google Analyticsと同様に、『SEO』を考えてWebサイトを運営していく上で“必須”なツールとなっています。WordPressでWebサイト運営するなら絶対に設定しておきましょう。

Google Search Console設定方法

Google Search Console設定手順
  1. Google Search Consoleにアクセス。
  2. Webサイトを登録する。
  3. サイトの所有権を確認する。

Google Search Consoleの設定には、Googleアカウントが必要です。あらかじめ、Googleアカウントを作成しておきましょう。

なお、事前にGoogle Analyticsの設定を済ませておくと、のちのち楽になるのでおすすめです。

Google Analytics設定方法 –WordPress対応版–

2019.08.22

【手順1】Google Search Consoleにアクセス

まずは、『Google Search Console』のサイトにアクセスします。

すでにGoogle Search Consoleに登録済の人は、【手順2】までスキップしてください。未登録の人は、そのまま読み進めてください。

Google Search Consoleトップページ。

Google Search Consoleトップページ。

今すぐ開始を選択。

【手順2】Webサイトを登録する

[ プロパティを追加 ]を選択。

登録完了したら、Google Search Consoleの左上の枠をクリックし、プロパティを追加を選択します。

今後はここからWebサイトをGoogle Search Consoleに追加していくので、覚えておくようにしましょう。

[ URLプレフィックス ]を選択しURLを入力。

すると、プロパティタイプを選択する画面が表示されます。

『ドメイン』と『URLプレフィックス』がありますが、一般的に使う場合は『URLプレフィックス』のほうを使います。(違いは後述)

なので、URLプレフィックス内の

  1. 枠内に登録したいWebサイトのURLを入力
  2. 続行を選択

としていきます。

なお、URL入力時にはトレイリングスラッシュ(○○.com/の“/”)は入力不要です。勝手に補完されるようになっています。また、あらかじめ、WebサイトのSSL化(https://)をしておきましょう。

【手順3】サイトの所有権を確認する

ここから『サイトの所有権』というものを確認します。簡単に言ってしまうと、登録したいWebサイトが、本当にあなたのものかをチェックするという感じです。

Google Analyticsの設定状況で2パターンあるので、

  • 【3-A】Google Analytics設定済の場合
  • 【3-B】Google Analytics設定前の場合

の両方の場合について解説します。

このサイトの所有権ですが、Google Analyticsの設定を先に済ませておくと、かなーり簡単になります。なので、先に『Google Analytics設定方法』を見て設定しておきましょう。

【3-A】Google Analytics設定済の場合

Google Analytics設定済の場合は、サイトの所有権の確認は一瞬。

Google Analytics設定済の場合は、サイトの所有権の確認は一瞬。

すでにGoogle Analyticsを設定している場合は、上画像のように一瞬でサイトの所有権が完了します。これは、Google Analytics側と連動させて、すでに設定済のGoogle Analyticsでサイト所有権を確認するからです。

なので、完了を選択して設定終了です。

【3-B】Google Analytics設定前の場合

まだGoogle Analyticsを設定していない場合は、自分でHTMLタグを埋め込みに行きます。

[ HTMLタグ ]を選択。

『所有権の確認』でHTMLタグを選択。

枠内のメタタグをコピー。

『HTMLタグ』が展開したら、

  1. 『HTMLタグ』が選択されているか確認
  2. 枠内のメタタグをコピー

としていきます。

一旦、この画面はここで置いておき、自分のWordPressサイトの『header.php』を編集しにいきます。

header.php編集画面。

header.php編集画面。

WordPressの管理画面やエディターなどでheader.phpが編集できる状態になったら、先程のメタタグを『header.php』の</head>タグ直前に貼り付けてください。

埋め込みが終わったら、ここでGoogle Search Consoleの画面に戻ります。

[ 確認 ]を選択。

Google Search Consoleの画面に戻ったら、確認を選択。

これでHTMLタグ埋め込みの場合でも、サイトの所有権が確認された。

これでHTMLタグ埋め込みの場合でも、サイトの所有権が確認された。

これでWebサイトの所有権が確認できたので、完了を選択します。これで設定終了です。

補足

『ドメイン』と『URLプレフィックス』の違い

プロパティタイプの『ドメイン』と『URLプレフィックス』。

プロパティタイプの『ドメイン』と『URLプレフィックス』。

URLを登録する際に、『ドメイン』と『URLプレフィックス』という、2つのプロパティタイプがありました。

Googleが公式に違いについて説明している。

Googleが公式に違いについて説明している。

Googleのサイトに詳しく書かれているのですが、簡単に違いをまとめると、

  • ドメイン:ルートドメインごとに設定する(SSLの有無・wwwの有無・サブドメイン・サブディレクトリを含む)
  • URLプレフィックス:指定したURLから始まる部分のみ設定する(普通はこっち)

という感じです。

『Fetch as Google』の設定

新しいGoogle Search Consoleでは、『Fetch as Google』の機能が統合されました。同様の機能は『URL検査』というものに移行されています

URL検査を『Fetch as Google』的に使う方法。

URL検査を『Fetch as Google』的に使う方法。

このURL検査を『Fetch as Google』のように使うには、

  1. 当該URLを選択
  2. URL検査を選択
  3. 枠内にURL(ホームディレクトリ)を入力

とします。

インデックス登録をリクエストすれば完了。

インデックス登録をリクエストすれば完了。

すると、このような画面が表示されるので、インデックス登録をリクエストを選択すれば完了です。

『サイトマップ』の登録

せっかくなので、同じタイミングでサイトマップも登録しておきましょう。

サイトマップの登録方法。

サイトマップの登録方法。

サイトマップを登録するには、

  1. サイトマップを選択
  2. 枠内にサイトマップのインデックスファイルのURLを入力
  3. 送信を選択

とすればOK。

サイトマップのインデックスファイルのURLは、特に設定をしていない場合では『sitemap.xml』となっています。ただ、ちゃんと確認しておきましょう。

まとめの一言「Google Search Consoleの設定は必須事項!」

今回は、主にWordPressサイトに対して、『Google Search Console』の設定方法を初心者向けに解説してきました。

四条せつな

つまりは…

  • Google Search Consoleは必須サービス
  • 事前にGoogle Analyticsを設定しておくと楽
  • Fetch as Googleもサイトマップも一緒にやっておくと便利

って、感じかなー?

もはや、Google Search Consoleは使わないと、SEO的に極限まで不利な状況になっています。なので、目的はどうであれWordPress運営者なら活用しておくようにしましょう。

四条せつな

Movable Type…Movable Type……。(こっちも解説しようかな?)

スポンサーリンク

コメントを残す