まさか”centerタグ”や”fontタグ”使ってない?HTML5で”廃止された”タグ一覧!

まさか”centerタグ”や”fontタグ”使ってない?HTML5で”廃止された”タグ一覧!
スポンサーリンク

Android端末をスーパー物色中な四条せつなです。

HTML5が導入されてから、3年が過ぎています。導入が2014年でしたもんね。私のようにHTML5からの人もそうだけど、古くからHTMLを触っている人で、古い「タグ」を未だに使っていませんか?実は、HTML5になってから、“使ってはいけないタグ”があります。

四条ねこ
ちゃんとHTML5に準拠したコーディングをしたいよね!
だから、使ってはいけないタグをまとめてみたよ!

HTML5で廃止された「タグ」をしっかり理解して、今後に備えるようにしたいですよね!なので、今から紹介するタグを覚えておくといいかもですね。

HTML5で廃止されたタグ一覧

早速、HTML5で廃止されたタグをリストアップしますね。

  • acronym〔頭字語〕
  • applet〔Javaアプレットの埋め込み〕
  • basefont〔ページの基準フォントサイズ〕
  • big〔フォントを大きく表示〕
  • center〔要素の左右中央揃え〕
  • dir〔ディレクトリ型リスト〕
  • font〔フォント装飾(色・サイズ・種類)〕
  • frame〔フレームの定義〕
  • frameset〔フレーム(frame要素)の構成〕
  • isindex〔キーワード検索入力欄の埋め込み〕
  • noframes〔フレーム未対応ユーザー向けの代替テキスト〕
  • s〔テキストに取消線を引く〕
  • strike〔テキストに取消線を引く〕
  • tt〔テキストを等幅フォントにする〕
  • u〔テキストに下線を引く〕

出典:HTML5で廃止された要素|PHP & JavaScript Room

原則禁止!ただし、例外あり

先程紹介したタグは、「原則」使用禁止です。正確に言うと、禁止ではなく「サポートをしなくなっても知らないよ?」ということです。

四条ねこ
って、ことはやっぱり使わない方が良さげ?

ただし、これらのタグの中にはサポートを続けるのもあるので、現状使っていても問題ないものもあります。<font><s><u>などがそれに該当するようですね。

ただ、そうは言っても廃止方向になっているのは事実なので、できるだけHTMLに直接これらのタグを打つのは避けたほうが良さそうですね。

CSSに記述する癖をつけよう!

CSSに記述する癖をつけよう!

やはり、CSS3が導入されているので、HTML内でマークアップして、CSSで記述する。というのが理想だと思います!

直接書いた方が楽、と思ってしまいますけど、後での管理を考えたらCSSで記述するほうが、断然楽ですよ。

四条ねこ
やっぱり、CSS3を使うのが1番だと思うよー!

<style>タグを使って記述しよう!

<style>タグを使って記述しよう!

この箇所だけ変えたいのにCSSは面倒・・・。そんなあなたには、<style>タグを使って、HTMLタグ内に記述するのがおすすめ!

これなら、特定の箇所だけ変更もできますし、ガラケーにも対応していますよ!

四条ねこ
ちょっとしたLPぐらいなら、<style>〜</style>でいいかもだねっ!

せつなのまとめ

HTML5で廃止された「タグ」は結構あることが分かりますよね。現状は、使っても良いけど、推奨しないというポジションに収まっています。だけど、いずれは“廃止される”ものなのは事実です。なので、積極的に使わないほうが無難だと思います。CSSで外部ファイルに記述するか、<style>タグで記述するようにしたいですね。

四条ねこ

つまりは…

  • HTML5で廃止されたタグは多い!
  • 現状はそのままでもOK!
  • でも、いずれは廃止される!
  • CSSか<style>で記述しよう!

って、ことだねっ!

ということで、“まさか”centerタグ”や”fontタグ”使ってない?HTML5で”廃止された”タグ一覧!”でした!でわでわっ!

スポンサーリンク
まさか”centerタグ”や”fontタグ”使ってない?HTML5で”廃止された”タグ一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です