【Illustrator】グランジを使って「かすれ表現」をする方法!ロゴに使える!

【Illustrator】グランジを使って「かすれ表現」をする方法!ロゴに使える!
スポンサーリンク

まだまだ残暑が・・・な@nuconeco_です!

文字の加工と言えば、昔はPhotoshopが定番だったんですけど、Illustratorでする人もかなり増えてきましたね。Illustratorの方が、ソフト自体も軽量ですし、紙媒体から入ったデザイナーさんなら、こっちのほうが馴染みがありますもんね。

ということで、今回はグランジを使って「かすれ表現」をする方法を紹介していきたいと思います!

今回の流れは・・・

  1. かすれさせたい文字・オブジェクトを準備する。
  2. グランジ素材をアートボードに置く。
  3. グランジをオブジェクトの上において、マスクをかける。
  4. ※ブラスストローク>はねを選択する。

です!ミソは「マスクをかける」ことですね!

1.かすれさせたい文字・オブジェクトを準備する

 

まずは、かすれ表現させたい文字やオブジェクトを用意してください。

かすれ表現は、オブジェクトがベクター素材ならなんでもできますよ!今回は「Illustrator」という文字をかすれ表現させます!

2.グランジ素材をアートボードに置く

 

次に、「グランジ」と言われる素材を用意して、それをアートボード上においてください。

今回は上の画像を素材として使用しました!下にDLリンクを貼っています!

3.グランジをオブジェクトの上において、マスクをかける

グランジ素材を、かすれ表現させたいオブジェクトの上に配置したら、いよいよ「かすれ」の加工をしていきます!

 

グランジ素材をオブジェクトの上に配置したら、

透明>マスク作成を選択してください!(画面左です!)

 

マスクをかけたら、上のような感じになると思います!このままでは、かすれ表現はできないので、

透明>クリップのチェックを外してください!

 

そしたら、完成 〜!です!!

おまけ:ブラスストローク>はねを選択するともっとかすれる!

 

先ほどまでの工程で、かすれ表現は完了なのですが、もっと「かすれ」させたいときは、

効果>ブラシストローク>はね

で、さらに「かすれ表現」できますよ!

上の画像は、「はね」加工をしたものと、しないものの比較です!(クリックやタップで拡大できます!)

「はね」加工をすると、より「かすれ表現」が顕著に出ますよね!この辺は、お好みで!

今回のポイント:グランジ素材を「マスク」でかすれ表現!「はね」でさらにかすれる!

まとめ

ということで、グランジ素材を用いて、「かすれ表現」をする方法を紹介しました!

昔に比べて、Photoshopでできることと、Illustratorでできることとの境目がなくなってきたので、こんな感じでIllustratorでも簡単に文字を加工することができますね!

立体文字とかは、まだまだPhotoshopに分があるんですけど、かすれ表現ならIllustratorでしたほうがお手軽かもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す