【Illustrator】ライブトレースは便利!ロゴデータを画像でもらっても簡単ベクター化!

【Illustrator】ライブトレースは便利!ロゴデータを画像でもらっても簡単ベクター化!
スポンサーリンク

今日も暑すぎて溶けそうな@nuconeco_です!

たまーにクライアントからロゴデータをもらって、それが「Jpeg」だったー!なんてこと、デザイナーさんならあるはずです(笑)

ということで、そんなときでも大丈夫!画像データを簡単にベクターデータに変換できる、Illustratorの「画像(ライブ)トレース機能」を今回紹介します!

ロゴデータ貰ったはいいけど・・・画像だった(泣)

デザイナーをしていてあるあるなのが、クライアントさんから貰ったデータ(特にロゴ!)がIllustratorデータが良かったのに、画像で送られてくる事案です。

これって、凄く困るんですよね・・・解像度的に荒くなってしまったりとか、加工に時間を要したりとか・・・ほんと不便です(泣)

デザイナーをしていない人でも、このロゴや画像をベクター化できたらいいなって思っている人も少なくないはず!

ってことで、そんな夢を叶えてくれるIllustratorの機能の一つである「ライブ(画像)トレース」を今回紹介します!!

Illustratorの「ライブ(画像)トレース」使い方!

ということで、Illustratorの「ライブ(画像)トレース」の使い方をこれからレクチャーしてきますっ!!

画像をアートボードに置いてください!

画像をアートボードに置いてください!

今回は、「Appleのロゴ画像」を使わせてもらいます!これは、Jpegだね。

とりあえず、ベクター化したい画像をアートボードに置いたらスタートです!

メニューの「オブジェクト」を選択

メニューの「オブジェクト」を選択

ベクター化したい画像を選択し、メニューの「オブジェクトタブ」を選択してください!

「画像トレース」で「作成」を選択!

「画像トレース」で「作成」を選択!

「オブジェクト」タブの中に、「画像トレース」という項目があるはずなんで、その中にある「作成」を選択したください!

これで、ひとまずこの「Appleロゴ」がベクター化されますよ。

あれれ?きえちゃった?

あれれ?きえちゃった?

ベクター化したはいいけど・・・ロゴが消えちゃった?でも、焦らなくても大丈夫!

画面の上らへんにあるアイコン(赤枠で囲ったのです!)をクリックしてください!

すると、新たなウインドウが現れると思います。それが、トレースの調節をするためのウインドウです。

ウインドウが出現!

ウインドウが出現!

この画像トレースのウインドウでは、カラーを変更したり、そのカラー数を変更したりできます。

これはやっていくうちに感覚的に慣れていくと思うんですけど、今回のような単色の場合が一番簡単で、カラー数を減らしてあげると、綺麗にトレースできます。

自分で納得行く!と思ったら、「拡張」を押してください!これで無事に完全なる「ベクターデータ」になりました!おめでとーー!!

ベクターに!!

ベクターに!!

ベクター化されたとは思えないほど、綺麗にトレースされていると思います!

恐るべし・・・Adobe!!!

これで好きに色を変えたりできちゃう!

これで好きに色を変えたりできちゃう!

ベクターデータになったら、こっちのもの(笑)

こうやって色を変えてみたり、変形させてみたり、ぼかしたり・・・自由自在です!!

ぁ、当たり前ですけど、著作権に違反することはしないでくださいねっ!!

ライブトレースは写真が苦手・・・

っと、いかにも万能な「ライブトレース」なんだけど、苦手なものがあります。

それが、「フルカラーな写真」です!

これはどうやっても、汚い油絵みたいになっちゃいます・・・なんで、このライブトレース機能は、あくまで「ロゴ」や「線画」のような濃淡がはっきりしたもので使うのがオススメです! 

まとめ

Illustratorにはこんな感じで素敵な機能があります。特にライブトレースは、これからIllustratorを使っていく上で、お世話になることも多いハズです!

手書きで作ったロゴや、イラストを簡単にベクター化できちゃうんでオススメな機能ですよー!

スポンサーリンク

コメントを残す