MAMPのインストール方法&初期設定を教えるよー!

MAMPのインストール方法&初期設定を教えるよー!
スポンサーリンク

もはや必須ソフトだね。

ローカルで開発環境を構築するなら『MAMP』は必須。今回は、MAMPの導入方法を“超簡単”に書いていきます

本記事の趣旨と目的

本記事の趣旨と目的
  • MAMPを簡単に理解する。
  • 『MAMP』をインストールする。
  • 『MAMP PRO』をアンインストールする。

本記事は“初心者向け”に書いています。
ですので、MAMPのインストールすることに重きを置いております。その上で、簡単にMAMPというものが何かを解説していきます。

また、MAMPには『MAMP』と『MAMP PRO』が存在します。
『MAMP』をインストールすると、有料の『MAMP PRO』も同時にインストールされてしまうので、後者を消去する方法も記載しておきます。

『MAMP』って?

そもそも『MAMP』とは、Apache・MySQL・PHPがひとつのパッケージとしてインストールできるソフトのことです。

WordPressだけではなく、MoodleやXOOPSなどのWebアプリケーションも、ローカル環境で構築できます。

MAMPとXAMPPの違い

MAMPと似たようなソフトに『XAMPP』というものがあります。

この2つのソフトの違いは、

  • MAMP:macOS
  • XAMPP:クロスプラットフォーム

だったのですが、MAMP自体がWindows環境にも対応したので、そこまで差異はないようです。

ただ、細かい仕様は異なるので、「絶対○○がいい!」とは一概に言えないようです。(私は、MAMPしか使ったことがない…)

MAMPを導入する方法

MAMPを導入する手順
  1. 公式サイトからダウンロード。
  2. MAMPをインストール。
  3. MAMPを起動。
  4. ポート番号を再割り振り。

私の環境がMacなので、画面は全てmacOSになっています。ただし、導入方法自体はWindowsも同様です。

手順1.公式サイトからダウンロード

MAMPの公式サイト。

MAMPの公式サイト。

まず、『MAMP』をMAMP公式サイトからダウンロードします。

手順2.MAMPをインストール

ダウンロードが完了したら、MAMPをインストールしてください。

MAMPインストール完了。

MAMPインストール完了。

インストールが完了すると、上画像のような(macOSの場合)ウインドウが表示されます。

これでインストール作業自体は完了です。

『MAMP』と『MAMP PRO』が同時にインストールされる。

『MAMP』と『MAMP PRO』が同時にインストールされる。

MAMPをインストールすると、

  • MAMP
  • MAMP PRO

の両方がインストールされてしまいます。

おそらく、多くの人が『MAMP PRO』は不要になると思います。なので、MAMP PROをアンインストールする方法を後述します。

手順3.MAMPを起動

macOSでのMAMPの起動画面。

macOSでのMAMPの起動画面。

インストールが完了したら、『MAMP』を起動します。
『MAMP PRO』ではないので注意。

この画面でStart Serversを選択し、

  • Apache Server
  • MySQL Server

が点灯(起動)するかを確認してください。
もし、点灯(起動)しない場合は、後で解説する方法を試してみてください

手順4.ポート番号を再割り振り

一旦、起動チェックが済んだら、一度MAMPを終了して再起動します。

使いやすくするために、ポート番号を再割り振りする。

使いやすくするために、ポート番号を再割り振りする。

MAMPの再起動が完了したら、設定画面でポート番号を

  • Apache Port:80
  • Nginx Port:80
  • MySQL Port:3306

に変更してください。

このほうが一般的なポート番号になり、ローカル環境のアドレスも『http://localhost:8888/』から『http://localhost/』でアクセスが可能になります。

これにて、MAMPのインストールと初期設定が完了です。

補足

『MySQL Server』が点灯しない場合

たまに『MySQL Server』が点灯しない場合がある。

たまに『MySQL Server』が点灯しない場合がある。

稀に『MySQL Server』が点灯(起動)しないときがあります。

『PHP』のバージョンを古いものにすると解決する。

『PHP』のバージョンを古いものにすると解決する。

その場合は、『PHP』のバージョンを古いものへと変更すると解決する場合が多い。
この画面ではPHPのバージョンを『7.1.20』にしています。

ここでOKを選択し、一度MAMPを閉じて、再起動してください。

ちゃんと全てのランプが点灯した。

ちゃんと全てのランプが点灯した。

MAMPを再起動し、再びサーバーを起動します。
ここで両方のランプが点灯(起動)していれば無事解決です。

『MAMP PRO』をアンインストールする方法

前述の通り、MAMPをインストールすると、同時に『MAMP PRO』がインストールされます。

Windows環境を持っていないので、今回はmacOSの場合について解説します。

『MAMP PRO』のフォルダーが存在する場合

Finder内の『MAMP PRO』フォルダー。

Finder内の『MAMP PRO』フォルダー。

Finder内に『MAMP PRO』のフォルダーがある場合は、フォルダーを開いてください。

同フォルダー内のアンインストーラーを選択。

同フォルダー内のアンインストーラーを選択。

フォルダーを開いたら、中に『MAMP PRO Uninstaller』が存在するので、こちらを選択します。

すると、『MAMP PRO』をアンインストールするウィザードが表示されるので、それにそって行えばアンインストールされます。

『MAMP PRO』のフォルダーが存在しない場合

Finder内の『MAMP』フォルダー。

Finder内の『MAMP』フォルダー。

Finder内に『MAMP PRO』フォルダーがない場合は、『MAMP PRO』ファイルを右クリックで、パッケージの内容を表示を選択して展開します。

すると、内包されるファイルが表示されるので、

  1. 『Contents』フォルダーを展開
  2. 『MacOS』フォルダーを展開

します。

同フォルダー内のアンインストーラーを選択。

同フォルダー内のアンインストーラーを選択。

すると『MacOS』フォルダー内に、『MAMP PRO Uninstaller』が存在するので、こちらを選択します。

あとは、表示されるウィザードに沿うだけでアンインストールができます。

まとめの一言「MAMPは便利だねっ!」

今回は、初心者向けにMAMPの導入方法を解説してみたお話でした。

四条せつな

つまりは…

  • 『MAMP PRO』は消しても大丈夫
  • ポート番号は変更しておくと便利

って、感じかなー!?

WordPressテーマを自作するときに、MAMPは凄く役立ちます。ローカル環境は、できれば構築しておきたいですよね!

でわでわ!

四条せつな

ブログ更新が久しぶりすぎて、どういうテイストで書いていたか忘れていたの巻…うーん。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です