【Photoshop】レイヤーが「インデックス」になっていて編集できないときの対処法

【Photoshop】レイヤーが「インデックス」になっていて編集できないときの対処法
スポンサーリンク

休日は東急ハンズに入り浸りな四条せつなです。

Photoshopを使用するときに、レイヤーが「インデックス」と表示されていて、編集しようとしても出来ないことがあります。これに困っている、デザイナーさんもいらっしゃるかもしれません。

四条ねこ
レイヤーが編集できない理由は、レイヤーの色設定が「インデックスカラー」になっているからなんだよー!だから、この「インデックスカラー」を「RGBカラー」というのにしてあげれば、レイヤーの編集もOKになるよっ!

ですので、レイヤーの「インデックス」表示を解除して編集できるようにする方法。そして、「インデックスカラー」とは何かも解説しますね。

「インデックス」になっていて画像編集できない

「インデックス」になっていて画像編集できない

Photoshopで画像を開いたときに、どうしてか画像編集しようとしても、アラートが表示されて一部機能が使えないときって、ありますよね。そんなときはレイヤーを見てみると、「インデックス」と表示されているハズです。

四条ねこ
つまり、この「インデックス」のせいでレイヤーが編集出来ないんだね!

「RGBカラー」に設定変更すればOK

「RGBカラー」に設定変更すればOK

レイヤーが「インデックス」になっているときは、設定から「インデックスカラー」を「RGBカラー」に変更すれば、ちゃんと編集することが出来ます。

設定変更方法
イメージタブ > モード > RGBカラー を選択

レイヤーの部分の表記から「インデックス」が消えていればOK!

四条ねこ
これでちゃーんと、レイヤーが編集できるようになっているハズだよー!

インデックスカラーとは?

今回の問題児(笑)「インデックスカラー」とは、そもそも何でしょう?

「インデックスカラー」とは、カラーを256色に制限して使うカラーモードのことです。これにより、画像の容量を抑えることが出来るんです。画像には、使用する色に通し番号が振られていて、色の指定には番号を使うようになっています。

四条ねこ
よく聞く「ビットマップ画像」が、この「インデックスカラー」だよっ!

要するに、「インデックスカラー」は256色に使える色を制限していることから、Photoshopで一部機能に制約が生じるという訳なんです。

せつなのまとめ

Photoshopで一部機能が使えないときは、レイヤーが「インデックス」になっていないかどうかを確認するようにしましょう。もし「インデックス」になっているときは、設定から「RGBカラー」に変更すればOKです!

四条ねこ

つまりは…

  • 「インデックス」が原因!
  • 「RGBカラー」にすればOK!
  • 「インデックスカラー」は256色!

って、ことだね!

ということで、“【Photoshop】レイヤーが「インデックス」になっていて編集できないときの対処法”でした!でわでわっ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です