【初心者向け】”Whois情報”とは?理解してないと個人情報が漏れてるかも…

【初心者向け】”Whois情報”とは?理解してないと個人情報が漏れてるかも…
スポンサーリンク

忘年会ラッシュでも更新は頑張りたい四条せつなです。

これからサイト作成やブログ運営をしよう!と思っている人に”必ず”気をつけておいて欲しいことがあります。それが、“「Whois情報」は代理公開になっているか?”です。これを知らないまま、Web制作やブログを続けていると、あなたの個人情報が全世界に向けて漏れているかもしれません。

四条ねこ
ええ?それは困るよー!ってなりますよね。
個人情報を公開したくない場合は「Whois情報の代理公開」を、必ずお願いするようにしましょうね!

「Whois情報の代理公開」をすれば、あなたの情報が公開されることはありません。でも、そもそも「Whois情報」が分からない。「Whois情報の代理公開」の方法が分からない。そういう人も多いと思うので、そもそも「Whois情報」とは何かを、解説していきますね。

そもそも「Whois情報」とは?

そもそも「Whois情報」とは?

ドメインの取得の際に必ず出てくる言葉が、「Whois情報」です。この「Whois情報」というものは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスのことです。つまりは、Web上の”戸籍謄本”のようなものです。それを役所に保存しておいて、閲覧可能にしているってことです!

四条ねこ
めっちゃ個人情報なんだね!
でも、この「Whois情報」で、何を公開しないといけないのか、イマイチ分からないよー。

ということで、次は「Whois」で公開しないといけない情報を紹介しますね。

Whoisで提供される情報

この「Whois」で提供される、つまり公開しなければいけない情報は以下の通りです。

  • 登録ドメイン名
  • レジストラ名
  • 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前および住所
  • 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
  • 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

※参考:株式会社日本レジストリサービス

つまりは、ドメインの取得した人(あなた)の“本名”“住所”“電話番号”などを、公開しなければいけないということなんです。

四条ねこ
ええー?それは困るよー!どうにかならないの?

ドメインを取得して、Webサイトを運営したい!でも、個人情報は公開したくない!そう思う人は多いと思います。というか、大半がそうだと思います。

そこで、私達が知っておくべきなのが、「Whois情報の代理公開」です。ちなみに、「Whois情報」は下記のようなサービスで、調べることが可能です。自分のサイトの「Whois情報」がどうなっているのかを、一度調べてみるといいですね。

WHOISサービス

「Whois情報の代理公開」をすれば個人情報が外に出ない

「Whois情報の代理公開」をすれば個人情報が外に出ない

「Whois情報」が、かなりの個人情報を含んでいることが、分かってもらえたと思います。でも、やっぱり個人情報を全世界に向けて公開するのは、ちょっとためらいますよね…

四条ねこ
そりゃそうだよー!
誰が見てるか分かんないじゃんかー!

そんな迷える子羊の為にあるサービスが「Whois情報の代理公開」です。

「Whois情報の代理公開」とは

この「Whois情報の代理公開」とは、読んで字のごとく、あなたの「Whois情報」を企業が代理公開してくれるサービスです。

もう少し分かりやすく書くと、先程紹介した…

  • 登録ドメイン名
  • レジストラ名
  • 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前および住所
  • 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
  • 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

これらの情報が、そっくりそのまま企業の名前を貸してくれるということです。

四条ねこ
例えば、ムームードメインに「Whois情報の代理公開」をすると、登録ドメイン名が「ムームードメイン(みたいに)」となるんだよ!これなら安心だねっ!

ですので、基本的には「Whois情報」は、代理公開をしてもらうことが一般的です。個人情報をさらけ出すなんて、リスキー過ぎますからね。

「Whois情報」の代理公開はドメイン取得時にできる

この「Whois情報の代理公開」は、ドメインを取得の際に、そのドメインを購入したサービスで対応をしてくれます。ですので、ドメイン取得の際には「Whois情報」を代理公開するにチェックを入れるようにしましょう。

四条ねこ
xxxxx.jpでドメイン取ろうとしたんだけど、代理公開できないんだけど…どうしてー?

実は、全てのドメインが「Whois情報の代理公開」に対応している訳ではないんです。ここは各ドメインサービスによって違いますので、各自調べることをおすすめします。

せつなのまとめ

ドメイン取得の際に、「Whois情報」がどうたら〜と書いてあると思います。これは、あなたの個人情報を含んでいることが、お分かりいただけたと思います。安易に個人情報を公開するのは、危険極まりないですよね。ですので、「Whois情報の代理公開」を必ず使うようにしましょう。そこだけは、チェックを忘れずにですよ!

四条ねこ

つまりは…

  • 「Whois情報」は、Web戸籍謄本!
  • 代理公開しないと、個人情報ダダ漏れ。
  • ドメイン取得の際には、「Whois情報を代理公開」しよう!

って、ことだね!

ということで、“【初心者向け】”Whois情報”とは?理解してないと個人情報が漏れてるかも…”でした!でわでわっ!

スポンサーリンク
【初心者向け】”Whois情報”とは?理解してないと個人情報が漏れてるかも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です