私も導入してる!WordPressで必須のプラグインを10個紹介します!

スポンサーリンク

意外とミシンが得意!四条せつなです。

これからWordPressでブログを始めようとする人なら1度は悩むのが、“どのプラグインを入れれば良いか?”ということですよね。プラグインにはWordPressで運営する際に、ほぼほぼ”必須”なものがあります。だから、使わないのは勿体ない!

四条ねこ
だ・か・ら!
初心者でも安心してプラグインを10個紹介するよ!

今回紹介するプラグインは、SEO的にも有利になったり、操作性が上がったりと、めっちゃ便利なのばかり紹介しているので、ぜひ導入を検討してみてくださいね!

テンプレート作成(TinyMCE Templates)

wordpress-plugin-best10_01

「TinyMCE Templates」は、記事のテンプレートを作ることができるプラグインです。

例えば、毎回同じ形式でブログを投稿したいってときに、このプラグインを使えば、記事のテンプレートを予め作っておけるのです! とにかく、入れておきたいプラグインの1つですね。入れておいて損はないプラグインです。

四条ねこ
とにかくブログを書くのが楽になるよっ!

TinyMCE Templatesをダウンロード

アップロードした画像を自動リサイズ (Imsanity)

アップロードした画像を自動リサイズ (Imsanity)

「Imsanity」は、アップロードする画像を自動でリサイズしてくれるプラグインです。

大きすぎる画像をリサイズしてアップロードしないと、記事のページ自体が重くなってしまったり、サーバーの容量を圧迫してしまう原因になります。画像は高精細すぎず、粗すぎずな感じがいいと思います!おすすめ設定は、750✕750ピクセルです!

四条ねこ
ブログの軽量化に役立つよ!

Imsanityをダウンロード

アップロードした画像を自動で圧縮 (EWWW Image Optimizer)

アップロードした画像を自動で圧縮 (EWWW Image Optimizer)

「EWWW Image Optimizer」は、アップロードする画像を自動で圧縮してくれるプラグインです。

先程は、画像の解像度を下げて軽量化する!って感じだったんですけど、このプラグインは、画像の解像度はそのままに、軽量化(圧縮)をしてくれるものです。 とにかく、画像は圧縮&リサイズが必須なので、先程のプラグインと組み合わせるのがおすすめですよ!

四条ねこ
こっちもブログの軽量化に役立つよ!

EWWW Image Optimizerをダウンロード

目次作成 (Table of Contents Plus)

目次作成 (Table of Contents Plus)

「Table of Contents Plus」は、ブログの記事に「目次」を付けてくれるプラグインです。

このブログにも導入しているプラグインですので、この記事の上にも目次があると思います!それが、「Table of Contents Plus」のプラグインです! 目次については好き嫌いがあると思うのですが、読み手が読みやすくする工夫の一つですので、検討してみるといいですよ。

四条ねこ
ユーザーフレンドリーにするのも、ブログ運営のコツ!

Table of Contents Plusをダウンロード

クローラー用のサイトマップ作成 (Google XML Sitemaps)

クローラー用のサイトマップ作成 (Google XML Sitemaps)

「Google XML Sitemaps」は、サイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

細かい話をすると長くなってしまう(面倒くさいともいう)ので、簡単に言うと、SEOに強くなる!と思っていてください。

四条ねこ
やっぱ、アクセス欲しいもんね!

Google XML Sitemapsをダウンロード

RSS配信(PubSubHubbub)

RSS配信(PubSubHubbub)

「PubSubHubbub」は、RSS配信をしてくれるプラグインです。

RSSはまだまだ必要性が高いので、プラグインを導入しているといいですよ!

このプラグインもインストールするだけで、設定も何も要らないものなので、とりあえずダウンロードして有効化しておけばOKです!

四条ねこ
こうゆう地道な施策も大切っ!

PubSubHubbubをダウンロード

ビジュアルエディタの拡張 (TinyMCE Advanced)

ビジュアルエディタの拡張 (TinyMCE Advanced)

「TinyMCE Advanced」は、ブログの編集画面をより使いやすくしてくれるプラグインです。

いわゆるショートカットボタンみたいなのが追加・カスタマイズできるので、ビジュアルエディッタで文章を書く人なら、必須プラグインだと言えます。

四条ねこ
これもブログを運営しやすくするプラグインだよー

TinyMCE Advancedをダウンロード

記事を保存した際に編集位置から移動しない (Preserve Editor Scroll Position)

記事を保存した際に編集位置から移動しない (Preserve Editor Scroll Position)

「Preserve Editor Scroll Position」は、編集画面で保存したときに、スクロールポジションが動かないようにしてくれるプラグインです。

WordPress使っている人なら分かると思うんですけど、これが入っていないと効率が意外と落ちます。インストール推奨ですね!

四条ねこ
書き手がダレないようにする工夫も要るからね〜

Preserve Editor Scroll Positionをダウンロード

リアルタイムアクセス解析 (Slim Stat Analytics)

リアルタイムアクセス解析 (Slim Stat Analytics)

「Slim Stat Analytics」は、アクセス解析を行ってくれるプラグインです。

これはかなり便利なので、私も使っています!Googleアナリティクスと併用して使うと、さらに効率アップですね! フィルタリング機能や、ユーザー別アクセス等が調べられるので、どのコンテンツが伸びるかとかを調べるにはかなりいいですよ!

四条ねこ
アクセス解析は、後々大切になってくるよ!

Slim Stat Analyticsをダウンロード

一定数以上のログイン失敗で制限 (Login LockDown)

一定数以上のログイン失敗で制限 (Login LockDown)

「Login LockDown」は、ログイン画面で一定回数間違えたら、ログインをロックしてくれるセキュリティプラグインです。

これは、不正アクセス対策でもいれておくのが良い、必須プラグインです。

四条ねこ
クラッキング(ハッキング)は怖いもんね…

Login LockDownをダウンロード

せつなのまとめ

WordPressでブログ運営していく上で、欠かせないのが「プラグイン」です。これを使いこなせるかどうかで、ブログ運営の”楽さ”が顕著に変わってくると思います。今回紹介したプラグインは、全員が入れておいても問題ないものばかりなので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

四条ねこ

つまりは…

  • WordPressでブログするなら、プラグインを使いこなそう!
  • プラグインはSEOに強くするものを入れよう!
  • 自分が書きやすいような環境にしよう!

って、ことだねっ!

ということで、“私も導入してる!WordPressで必須のプラグインを10個紹介します!”でした!でわでわっ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です